タイトル「2014年度シラバス(大学院)」、フォルダ「2014年度シラバス(大学院)-情報科学研究科-博士前期課程-1年生科目
シラバスの詳細は以下となります。
科目コード   1M008043 
科目名   □産業実務実習  
担当教員   安部 惠介  
対象学年   1年   クラス   [001]  
講義室   12415院講義室   開講学期   通年  
曜日・時限   時間外   単位区分   選択  
授業形態   実験・実習   単位数  
準備事項    
備考    
A:講義概要 情報科学専攻の各分野において、実習先となる企業や団体に出向き、一定期間の実務体験を行う。そこでの実務体験を通して、実践的な知識や技術を修得すること、情報技術者としての倫理観を育むことを目的とする。なお、分野によっては、企業実習に代えて、専任教員の指導による技術調査および研究調査を行うこともある。実施時期は、原則として夏期休暇中とする。  
B:講義計画(テーマ及び学習内容) 事前説明:2回実施。1回目:実務実習の意義、役割、諸注意および実施スケジュールの説明。2回目:事前レポートの作成・提出。
実務実習:専門領域ごとに企業あるいは団体での実務体験を行う。実習総時間は70時間とする。日数は7日~10日を標準とする。  
C:到達目標 各専門領域における実践的な知識および技術を修得するとともに、情報技術者としての倫理観を身につける。  
D:準備学習の内容(事前・事後学習) 実習に先立ち、指定された準備を確実に行っておくこと。  
E:評価基準 受け入れ先による成績評価、研修報告、事前レポートおよび事後レポートの評価による。  
F:評価方法 実習受け入れ先による成績評価(60点)、研修報告(20点)、事前レポート(10点)および事後レポート(10点)をもって採点し、60点以上を合格とする。  
G:受講上の注意 実習先の迷惑にならないよう諸注意にしたがって行動すること。  
H:受講制限 特になし。  
I:関連する科目 各分野において開講される全科目  
J:教科書 なし  
K:指定図書 なし  
L:参考文献 なし  
Copyright (c) 2013 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.